クレジットカードイメージ

クレジットカードでのチャージ

チャージと言えば、お金をデポジットして電子マネーとして利用できる事を言うが、今はクレジットカードを利用してそれが可能となっている。
私自身もよく利用するが、もっとも多いのはパスモ・スイカに代表される鉄道系電子マネーへのチャージである。
パスモやスイカは大きく分けると3つある。
無記名のパスモ・スイカと記名式(定期券)タイプ、そしてオートチャージが可能になっているクレジットカード一体型のタイプである。
無記名や記名式タイプはカードではなく、現金でチャージする必要がある。
当たり前だが現金がないと使えないし、マネー追加の際は毎回切符売り場で追加しなければならず手間がかかる上、残が足りない場合は清算も面倒である。
そこでカード一体型が非常にメリットが高い。
これはいくらを追加で入れる、また残がいくらになったら電子マネーに追加されるかを事前に設定しておけば、改札を通った時に自動的にマネーが追加されるという仕組みになっている。
私自身はパスモで残が2000円を切ったら3000円を追加する事で設定をしている。
地下鉄やJRの鉄道は一日に数回以上乗るのでオートでの追加は非常にありがたい。
またスイカ・パスモの電子マネーは例えばJRのキヨスクや、一般的なコンビニやレストランでも使えるようになってきている。
買い物や食事をするとすぐ残がなくなってしまう為、オートは有難い。
私の友人等は、現金等をほとんど持ち歩かずにパスモやスイカのみを持ち歩いているとの事。
それだけ利便性が高いと言える。
また電子マネーといえばナナコやワオンも同じ仕組みである。
鉄道系マネーと同じように無記名のタイプがある他にカード一体型が存在する。
カードを使うとポイント還元率が良くなるなどのサービスが一体型にはある。
また一体型でなくともナナコはクレジットカードからのマネー追加が可能となっている。
その他の電子マネーは、私自身はedyを非常に頻繁に使っている。
edyはカードとモバイルがあるが、モバイルを使用している。
この電子マネーもモバイルでカード登録をしておけば、いつでも追加が出来るようになっている。
edyで支払をするとナナコと同じようにポイントがたまる事もあり、これは非常によく使っている。
もともと電子マネーは現金の代用であった訳だが、その電子マネーに追加で入れる場合は現金でというのはいささかおかしい話であった。
そこで一体型を含めてカードてマネーが追加出来るようになった事は利便性が高まる上に、現金を持ち歩く必要がなくなり物理的にも楽になっている。
他社のカード利用で追加も出来るようになっているが、今後は一体型に代表されるようにオートチャージが中心になってくると考えられる。
どれだけ使ったかはカードの明細を見ればわかる訳だが、一つだけ注意点がある。
それはオートでマネーに追加をしていると、いったいどれだけ使った分らずに、また使った意識もない事になる。
電車運賃や普段の買い物レベルなら良いが、レストランや普段の買い物以上に使った場合に、考えている以上の請求が来る事が想定される。
結局使った意識がないのが問題となる。
そこでオートといえども、たまに確認をしたりして使いすぎには気をつける必要があるだろう。

Copyright(C) 2010 カードを比べる.com All Rights Reserved.