クレジットカードイメージ

クレジットカードの限度額は実績によって変わる

近年は若者からお年寄りまでとても多くの人が便利に使っているクレジットカードですが、その種類は実にさまざまなものがあり、まさに無数にあるといっても過言ではありません。
いろんなショップと提携したものや消費者金融との提携カードなどその種類はいくつあるかと言われたら答えられる人はおそらくいないはずです。
そんなカードですが、通常一般的なものには必ず限度額というものが設定されています。
それはもちろん当然のことで、限度額がなければ極端な話年収200万円程度の人が1000万も2000万も買い物をしてしまう恐れがあります。
そうなってしまえば確実に支払い困難となってしまうのは間違いありません。
ではその限度とはいくらなのか、と言われるとこれもカードによってさまざまです。
また基本的な限度額というものはそのカードによって設定されているものの、申し込み者の状況に応じてその金額が変わってしまうこともよくあることです。
例えば通常はショッピング枠が50万円のカードだとしても、学生さんの場合は上限が10万になってしまったり20万になってしまったり、といった具合です。
学生さんに限らず、例えば他社での債務がいくつかあったりして、少し今後のことを不安視されたりすると例え一流企業に務めていてもその限度額を減らされてしまうことはあります。
わたしも以前クレジットカードを初めて所持した時は、その上限はショッピング枠が30万円、キャッシング枠が5万円でした。
おそらく当時も一般的には50万円くらいが主流でしたので、すこし減額されたのではないかと思われます。
ですが、このようにショッピング等の枠が少ないカードを発行されてしまったからといって、自分はあまりカードを頻繁に使うことはできないな、と諦めるにはまだ早いです。
実際にわたしはその状態のカードから今ではゴールドカードにまで変化していったのです。
それはどのような経過を辿るのかというと、それはとても簡単なことでただカードを使えば良いのです。
それだけでいずれカード会社の方から増額のお知らせや、ゴールドカード等へのカードの切り替えの案内が届くはずです。
わたしもそういった経過を辿って今はゴールドになっているのです。
ですが、ただ使うといっても一年に数回程度しか使わなかったりとかではおそらく無理です。
頻繁にカードを利用して買い物をし、その上でそれらの決済を一度たりとも延滞等することなく済ませていく必要があります。
厳密にはもう少し細かい規定もあるのかもしれませんが、わたしがゴールドにまでなれたことを考えると、それが主な要因だとしか考えられません。
クレジットカードを利用して買い物をすれば、ポイントが貯まったり特典があったりもしますので、生活に必要な支払い、例えば公共料金や日常の食事の買い出しなど全てカードで支払うのです。
どのみち現金であれカードであれ支払うべき出費なのですから、生活を圧迫することもありません。
それを続けていれば、ゴールドまでは長い道のりとなるでしょうが増額くらいは比較的すぐに出来るはずです。
くれぐれも一番大切なのは延滞なく支払い続けることですので、使いすぎには十分注意をしながら利用することです。

Copyright(C) 2010 カードを比べる.com All Rights Reserved.