クレジットカードイメージ

法人クレジットカードの魅力

私の家は小さな工場を経営しています。
1点ものをメインに行っています。
特に、古い機械で既に部品を製造していないようなものを頼まれることも多くあります。
機械の修理は一度現物を見ないと部品を作ることができません。
そこで、出張し寸法や設計をメインに行っている社員が2名ほどいます。
以前までは、出張等はあまりなかったのですが、最近では、このような仕事をしている会社が減り需要が増えているため出張が増えることが多くなりました。
先日は、以前受注を受けた会社の紹介で初めて海外の工場の仕事を受けることになりました。
海外の出張の際には、社員のことを考え、海外旅行損害保険の加入やレンタカーの手配、ホテルの準備等も大変でしたが、その後の財務処理はもっと大変でした。
2日間の短い滞在でしたが、ホテル代金や食事、手土産等を当時のレートで計算しなければならなかったからです。
私たちの仕事は、現地に行って見積もりを取り、部品の設計書を作ります。
その後、自社に戻り、設計通りに職人が手作りします。
その後、部品を現地に搬送し、現地で取り付け調整を行います。
そのため、もう1度海外に出張する必要があるのです。
そんな時に、法人クレジットカードの存在を知りました。
このカードを1枚持っているだけで、海外出張中の病気やケガが保障されるサービスがついているものがあると聞きました。
そこで、調べてみると、様々な種類のものがありました。
私が選んだものは、海外旅行の損害保険が付帯しているものでした。
そのカードには海外病気になった際にキャッシングサービスも利用できるものなので、安心して海外出張できるようになりました。
また、法人クレジットカードを利用するようになってから、経理の仕事が楽になりました。
今までは、レシートをまとめて出してもらっていたのですが、個人用と会社用を分けずに提出する人もおり、何に利用してものなのか一つずつ日報と照らし合わせて確認をとっていました。
しかし、カードを利用するようになってからは、法人カードで使うものは会社用のみであること、事前に使う内容を確認してから貸出していることもあり、公私の区別が明確になったので、経費処理が簡単になりました。
また財務会計システムと連携もしているため、出張旅費や接待交際費などの社用経費を経理システム側でデータとして受けることができるようになり、仕訳伝票が自動で作成できるようになりました。
これがとても便利であったことから、プロバイダー料金や携帯電話の料金、インターネット等で資料等を取り寄せる場合等にも積極的に利用するようになりました。
積極的に利用することでカードのポイントがたまりやすくなりました。
ポイントが溜まりやすくなることで、溜まったポイントを商品に交換することができるようになりました。
商品は、お菓子等を取りよせ、3時に御茶請けとして社員に提供し、社員からも喜ばれています。
また、システムとの連携が行えるようになったことで、手入力の頃と比べるとミスが減りました。
更に、接待やオフィス用品の購入時に使えるサービス等もあるため、法人クレジットカードを使用するようになってからは便利なことばかりです。

Copyright(C) 2010 カードを比べる.com All Rights Reserved.